お問い合わせ先
第22回学術集会事務局
(千葉大学大学院看護学研究科内)
渡邉 美和
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
E-mail:cans22-office@umin.ac.jp
FAX:043-226-2423

交流集会

交流集会プログラム

会場 交流集会
112室 1 看護における愛
戸田由利亜(千葉大学大学院看護学研究科)
菅原 裕輝(国立循環器病研究センター医学倫理研究部)
丸山 善宏(京都大学白眉センター・文学研究科)
佐藤さやか(札幌医科大学附属病院)
セミナー室2 2 介護・福祉職との連携において看護職に求められる能力・態度
-看護職の研修・教育プログラムに必要な要素とは-

井出 成美,藤沼 康樹,臼井いづみ,馬場由美子,酒井 郁子 
(千葉大学大学院看護学研究科附属専門職連携教育研究センター)
セミナー室3 3 リンパ浮腫を見逃さない
-学際チームによるリンパ浮腫早期発見法 開発プロジェクト-

奥 朋子 (千葉大学医学部附属病院)
下村 義弘(千葉大学大学院工学研究科)
秋田 新介(千葉大学医学研究院)
村上 武志,小柏 猛(千葉大学産業連携研究推進ステーション)
増島麻里子(千葉大学大学院看護学研究科)
セミナー室4 4 ICT活用による看護の継続教育
-低コストで効率良く、知をひろげ、人とつながり、成果を集める-

阿部 恭子(千葉大学大学院看護学研究科)
大野 朋加(千葉大学医学部附属病院)
セミナー室5 5 知って活かそう!オンコロジーナースの看護実践
長坂 育代,眞嶋 朋子,吉田 澄恵,井関 千裕
(千葉大学大学院看護学研究科)
坂本 理恵(国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院)

交流集会発表者へのご案内

1)発表者受付

  • 第二講義室での参加受付を済ませた後、12:00までに3階カンファレンス2の「交流集会発表者受付」にて受付をすませてください。

2)発表方法

  • 会場設営を含む準備、当日の運営は、参加者の事前受付や人数調整等も含め、すべて主催者側で行ってください。終了後は、現状復帰をお願いいたします。
  • 企画に関する学術集会参加者へのPRも主催者側でお願いいたします。講義・実習室の入口付近に、チラシを置いたり掲示板にポスタ―を掲示したりするスペースを設けていますので、ご自由にご利用ください
  • 次のプログラムがありますので、終了時間は厳守してください。

交流集会実施要領

1.実施要領

1) 時間枠:50分(14:20~15:10の予定)です。
2) 場所:セミナー室6室(20名ほど入ります)、または講義室1室(50名ほど入ります)のいずれかです。
場所の決定は、交流集会企画内容により、学術集会側で行います。
3) 器材等:セミナー室・講義室には3人掛け机と椅子およびプロジェクターとスクリーンがあり、これらを使用できます。それ以外の物品は、PC等を含め、主催者側がご準備ください。また、部屋の設営も主催者側で行ってください。終了後は会場の現状復帰にご協力願います。
4) 当日運営:当日の運営は主催者側で主体的に行ってください。学術集会事務局は、受付での参加者調整なども一切行いませんので、主催者側で受付にチラシを置くなど参加者への案内を積極的に行ってください。

2.発表者の資格・注意事項

  • 主催者は会員であることとしますが、共同企画者・発表者はこの限りではありません。
  • 申し込みが多い場合は、学術集会のテーマにそった内容の企画を優先して採択します。

3.申込み方法

交流集会募集の締切を延期します。

交流集会 申込み用紙 Word をダウンロードし、平成28年5月16日(月)5月30日(月)必着で、学術集会事務局宛に、E-mail(cans22-office@umin.ac.jp)にてご提出ください。
その際、件名は【交流集会 申し込み】と記載してください。E-mailでの送付が困難な場合は、その旨を事務局までご連絡ください。

採択後の流れ

申し込み締め切り後、6月上旬までに採択の可否について連絡します。その後、企画概要をまとめた講演集原稿をご提出いただきます。「交流集会 講演集原稿様式 Word 」を当WEBサイトからダウンロードし、平成28年6月30日(木)必着で、学術集会事務局宛に、E-mail(cans22-office@umin.ac.jp)にてご提出ください。その際、件名は【交流集会 講演集原稿】と記載してください。
会場や当日準備についてのご案内を、7月末までにe-mailにてお送りいたします。

4.講演集原稿作成方法

1)お送りいただいたA4サイズ(1/2ページ)の原稿が、そのまま印刷されます。
2)Microsoft Wordを用い、以下の形式に沿って作成してください。

  • ページ設定:45文字×40行、余白;上2.5cm、下2.0cm、左右2.0cm
  • フォント:MS明朝
  • タイトル:12 point(中央寄せ・太字)
  • 氏名・所属機関名:10.5 point (右寄せ・太字)。所属機関名を氏名の後に(  )で入れてください。
  • 本文:10.5 point(左寄せ)。図表は8 point以上。文字数は、630文字(14行)まで。章立などの形式は自由です。
  • タイトルと氏名、および氏名と本文の間は、1行空けてください。