研究表彰事業

2021年度の千葉看護学会表彰論文は、以下の論文に決定しました。
受賞者に表彰状と副賞を授与しました。

 

受賞者(筆頭著者)

石橋 みゆき 氏

論文タイトル

療養の場の移行支援方法論構築に向けた退院支援に係る看護技術の体系化

受賞の理由

本論文は、療養の場の移行支援の基盤となる方法論を、実際の退院支援実践事例を元に、退院支援実践とそれに関連する判断・意図を一連の単位として抽出し、それらを看護技術という観点から体系立てて整理したものである。療養の場の移行支援を、看護技術という側面から明らかにした点で、その新規性が評価された。研究デザインとしても、共同研究のメリットを活かし、48名の看護師へのインタビュー調査によるデータ収集と、膨大なデータの分析を行っている。この豊富なデータから得られた知見は、実践現場で活用可能な汎用性の高い研究成果と評価できる。
療養の場の移行支援は、今後すべての看護職に必要となる重要な実践能力である。本研究で見いだされた看護技術は、専門職間で連携しながら、個人・組織・地域の特徴に合わせた療養の場の移行支援方法を見いだすことを可能にするという点で意義がある。特に看護技術を、実践とそれに関連する判断・意図と捉えて研究デザインを構築したことから、移行支援を行う看護職者の判断内容が浮き彫りとなり、今後の移行支援に関わる看護職者の看護実践能力の質的向上につながるものと期待される。

受賞者のご挨拶

本研究は、約5年前、10名を超える研究チームメンバー全員で、半年間、全国各地の病院を訪ねて48名の看護師にインタビューをさせていただきデータを収集しました。実際に退院支援が展開される病院や病院のある地域の様子を感じて直接お話を伺えたことは、結果の解釈をより深化させたと感じます。お忙しい中、快く協力してくださった皆様とも、この受賞を喜びたいと思います。今後は体系化した21の退院支援に係る看護技術をもとに、多職種で行う退院支援技術としてさらに探求を進めてまいります。ありがとうございました。

これまでの表彰者はこちら

研究表彰に関する規程icon_pdf.gif