お問い合わせ先
第26回学術集会事務局
(千葉大学大学院看護学研究科内)
池崎 澄江
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
E-mail:cans26-gakkai@umin.ac.jp

一般演題(ポスター)

審査の結果、以下の2演題がポスター優秀発表賞に選ばれました。

・松井 理恵
保健推進員との協働における課題や困難を乗り越えるための協働方法
―保健推進員育成担当保健師の立場から―

共同研究者:石丸美奈, 宮﨑美砂子

・芥田 ゆみ
病院に所属する専門看護師・認定看護師の持つ病院内外のネットワーク
共同研究者:池崎澄江,北池正

(敬称略)

各項目をご覧いただくにはタイトル(オレンジ色のバー)をクリックしてください。
申し込みは締め切りました。Web開催に伴う変更は、下記「発表者の方へ」でご案内しております。

ポスターディスカッションプログラム

12:50~13:50 ポスターディスカッション1

座長:岡田忍(千葉大学大学院看護学研究科)、佐々木ちひろ(千葉大学大学院看護学研究科)

高齢者看護・慢性期の看護

演題番号 演題名
1 一般病棟における認知症ケア上の困難から看護師に生じる感情
-文献検討の結果から-
2 急性期治療を行う病院の看護師に求められる認知症看護の能力
―認知症高齢者を地域で支える看護職の視点から―
3 地域で生活をする中で高齢者が感じる暮らしやすさに関わる要因
4 病院に就業する看護師の臨死期の看護に伴う経験
-先行研究の分析を通して-
5 高齢者ケア施設の看護・介護職が働き続けるための“支え”に関する国内外の文献検討

地域看護・地域連携

演題番号 演題名
6 保健推進員との協働における課題や困難を乗り越えるための協働方法
―保健推進員育成担当保健師の立場から―
7 被災地保健師の外傷後成長のきっかけとなった災害時保健活動:文献レビュー
8 在日外国人結核患者の支援関係者の連携強化のための保健所保健師の活動方法
9 自ら支援を求めない高齢者に対する地域包括支援センター専門職の役割行動指標の作成
10 日本における妊娠糖尿病と診断された女性の産後の保健行動に関する文献検討
11 病院に所属する専門看護師・認定看護師の持つ病院内外のネットワーク

14:00~15:00ポスターディスカッション2

座長:諏訪さゆり(千葉大学大学院看護学研究科)、雨宮歩(千葉大学大学院看護学研究科)

小児看護・急性期の看護・在宅看護

演題番号 演題名
12 発達上の課題がある子どもとクラスメイトの年齢に応じた社会性獲得にむけた保育所での支援
13 NICU退院後も医療ケアを必要とする子どもの家族への技術獲得を支援する看護師による初回の関わり
14 在宅高齢者における簡便なスキンケア方法の効果について
15 母親が乳幼児期にある子どもの長期入院に付き添う中で抱える困難とその対処過程
16 周術期外来でオリエンテーションを受けた患者の手術に向けた対処

看護教育・看護管理

演題番号 演題名
17 二次救急医療機関における救急外来で勤務する看護師のマネジメント能力に関連する要因
18 看護管理者が捉えるナースコールの現状と課題
19 防災に女性の参加と目線を取り入れる実践訓練内容と結果
20 大学生のインフルエンザ感染防止行動の実態
21 在宅療養者への看護実践力の向上を目指した訪問看護実習の再構築

発表者の方へ(Web開催に伴う変更あり)

1)ポスターデータの作成について

  • 2020年8月24日(月)までにcans26-gakkai@umin.ac.jpパワーポイントのデータのまま(PDFなどに変換せずに)お送りください。
  • 縦長のポスター形状での発表データ登録をお願いいたします。
    A0サイズのテンプレートをご用意しましたので、必ずご利用ください。
  • COI開示について/COI Disclosure
    ポスターの末尾にCOIについて記載をお願い致します。

テンプレートのダウンロードはこちら

2)発表内容パワーポイントデータの登録

  1. ファイル名は、演題番号、発表者の氏名を含めてください。
    例:20-25山田太郎.pptx
  2. パワーポイントデータは、8月24日(月)までにcans26-gakkai@umin.ac.jpにお送りください。
  3. パワーポイントのダウンロードを防止可能な状態で、Web上に掲示致します。

3)当日のディスカッションについて

  • 時間は、12:50~13:50および14:00~15:00を予定しています。
  • ディスカッション時間は、一題につき5分程度を予定しており、座長が進行します。ご自身の演題群のディスカッション時間中、zoomを使用したweb上の会議室に参加し、参加者からの質問等に応じてください。
  • 当日の午前中に、zoomの使用方法を練習するためのweb上の会議室を開設予定ですので、ご活用ください。
  • 当日のディスカッションに参加した演題がアワードの候補となります。

4)アワード

  • 一般演題の中からアワードを選出し、当日全てのプログラム終了後に表彰いたします。
  • 当日のディスカッションに参加した演題がアワードの候補となります。

一般演題(ポスター)申し込み要領

1.申込み方法

  • 一般演題(ポスター)申込み用紙をダウンロードし、講演集原稿作成方法に沿って原稿を作成し、2020年1月10日(金)~2020年3月27日(金)必着 2020年4月24日(金)12時必着で、学術集会事務局(cans26-gakkai@umin.ac.jp)宛にご提出ください。その際、件名は【演題申し込み】と記載してください。E-mailでの送付が困難な場合は、その旨を事務局までご連絡ください。

2.発表者の資格・注意事項

  • 発表者は、共同発表者も含め全員が、学会員または手続き中の方に限ります。学会に入会を申し込まれる方は6月末までに必ず手続きをしてください。
  • 発表内容は、未発表のものに限ります。ただし、施設内発表はこの限りではありません。

3.発表形式:ポスター

  • ポスター発表の時間は、11:30~12:30および13:50~14:50を予定しています。
  • 発表時間は、一題につき7分(発表5分、質疑2分)を予定しており、座長が進行します。発表者はご自身の演題群の発表時間中はポスター前で待機し、参加者からの質問等に応じてください
  • 展示スペースは、1演題あたり横90cm、縦140cmを予定しています。
  • 図表は見やすいものを作成してください。
  • 発表時間、発表会場などは、8月上旬頃に学術集会HPに掲載します。また、発表方法等詳細は、学術集会講演集にて必ずご確認ください。

4.講演集原稿作成方法

1)お送りいただいたA4サイズの原稿が、そのまま印刷されます。

2)Microsoft Wordを用い、以下の形式に沿って作成してください。

  • ページ設定:45文字×40行、余白;上2.5cm、下2.0cm、左右2.0cm
  • フォント:MS明朝
  • タイトル:12 point(中央寄せ・太字)
  • 氏名・所属機関名:10.5 point (右寄せ・太字)。
    所属機関名を氏名の後に(  )で入れてください。発表者名を先頭とし氏名の前に○印をつけてください。
  • 本文:10.5 point(左寄せ)。文字数は、1575文字(35行)まで。図表は8 point以上。
  • 研究報告の場合は、I緒言(目的を含む)、II方法、III結果、IV考察の見出しを、実践報告の場合は、I緒言(報告のねらい)、II実践内容、III結果、IV考察の見出しをつけてください。
  • 研究報告の場合は、倫理審査委員会の承認を得ていることを明記してください。実践報告の場合も、個人や対象集団の特定につながる情報を記載せず、どのような倫理的配慮を行ったかを明記してください。
  • 利益相反(Conflict of Interest: COI)について明記してください。COIなしの場合の記載例「演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業などはありません。」
  • タイトルと氏名、および氏名と本文の間は、1行空けてください。

5.査  読

  • 採否は6月末までにE-mailにてご連絡致します。
  • 査読の結果(採否)により、提出された原稿の修正をお願いすることがあります。

【参考】査読基準

  1. 演題が内容を適切に表現しているか
  2. 目的/報告のねらいが明記されているか
  3. 方法/実践内容が明記されているか
  4. 結果が明記されているか
  5. 考察が目的と一貫しているか
  6. 講演集原稿作成方法に従い、形式が整っているか
  7. (必要な場合)倫理的配慮が明記されているか
  8. 看護学の実践・教育に資するものであるか

6.アワード

本大会では、一般演題の中からアワードを選出し、当日全てのプログラム終了後に表彰いたします。