お問い合わせ先
第26回学術集会事務局
(千葉大学大学院看護学研究科内)
池崎 澄江
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
E-mail:cans26-gakkai@umin.ac.jp

プログラム

開催日 9月5日(土)
オンデマンド配信のコンテンツ視聴期間は9月4日(金)~7日(月)

<オンデマンド配信のコンテンツ>

9月4日(金)~7日(月)のいつでも視聴することができます。

● 会長講演 「協働を通じて生み出す知―看護学の広がりと深まりー」
会長:石丸 美奈(千葉大学大学院看護学研究科)
座長:宮﨑 美砂子(千葉大学大学院看護学研究科)

● 理事会企画・教育講演 「ヘルスケア政策転換期における看護への期待」
演者:猪飼 周平(一橋大学社会学研究科)
座長:吉田 澄惠(東京医療保健大学)・辻村真由子(千葉大学大学院看護学研究科)

● シンポジウム 「多分野間の協働実践により生み出す知」
9月6日より録画を配信。詳細はライブ配信のコンテンツを参照

● ポスターの閲覧

<9月5日のライブ配信のコンテンツ>

下記の時間帯にZOOMを利用して、ご参加いただけます。

12:50~13:50 ポスター ディスカッション1
座長:
岡田忍(千葉大学大学院看護学研究科)、
佐々木ちひろ(千葉大学大学院看護学研究科)
交流集会1
その気にさせる「地域看護実習」
-主体的な学び行動をどのように引き出すか-
牛尾裕子(兵庫県立大学 看護学部)
細谷紀子(千葉県立保健医療大学)
時田礼子(東京情報大学)
ほか
13:55~14:55
14:00~15:00
ポスター ディスカッション2
座長:
諏訪さゆり(千葉大学大学院看護学研究科)、
雨宮歩(千葉大学大学院看護学研究科)
交流集会2
修士論文のジャーナル論文化に伴う悩みと乗り越え方
―若手研究者3人の経験から―
佐藤太一(千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程)
田中貴大(東京医科大学医学部看護学科)
松井理恵(群馬大学大学院保健学研究科)
15:10~16:40 シンポジウム「多分野間の協働実践により生み出す知」
シンポジスト:五十嵐 歩(東京大学大学院医学系研究科)
       土屋 裕子(横芝光町立東陽病院 医療連携室)
       鈴木 雅之(千葉大学国際教養学部 /
             コミュニティ・イノベーションオフィス)
座    長:細谷 紀子(千葉県立保健医療大学)
       河部 房子(千葉県立保健医療大学)
16:50~17:00 ポスター表彰・閉会あいさつ

2020年8月時点(随時、更新します)