お問い合わせ先
第26回学術集会事務局
(千葉大学大学院看護学研究科内)
池崎 澄江
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
E-mail:cans26-gakkai@umin.ac.jp

交流集会

各項目をご覧いただくにはタイトル(オレンジ色のバー)をクリックしてください。
申し込みは締め切りました。交流集会は9月5日のZOOMによるライブ配信で行います。

交流集会プログラム

交流集会 9月5日(土)12:50~13:50,13:55~14:55

時間 内容
12:50~13:50 1.その気にさせる「地域看護実習」
-主体的な学び行動をどのように引き出すか-

〇牛尾裕子(兵庫県立大学 看護学部)
細谷紀子(千葉県立保健医療大学)
時田礼子(東京情報大学)
岸田るみ(東京情報大学)
竹村和子(兵庫県立大学看護学部)
花井詠子(兵庫県立大学看護学部)
13:55~14:55 2.修士論文のジャーナル論文化に伴う悩みと乗り越え方
―若手研究者3人の経験から―

〇佐藤太一(千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程)
田中貴大(東京医科大学医学部看護学科)
松井理恵(群馬大学大学院保健学研究科)

交流集会募集要領

1.実施要領

交流集会は「ちょっと入りたい!見てみたい!会話したい!」をキャッチフレーズとして、例年以上に交流を深められるものにしたいと考えております。以下の2種類のテーマを実施します。ご希望の種類をお選びの上、お申し込みください。

  • A:学術集会テーマ「協働を通じて生み出す知ー看護学の広がりと深まりー」に沿った企画
  • B:看護に関する幅広い分野から自由にテーマを定める企画

1)時間枠と場所

開催数 時間 場所
A:学術集会テーマに沿った企画 2~6 各60分 第二講義室
1つの会場にて1~3の交流集会を同時に行います。
B:幅広い自由なテーマ企画
  • ※ 時間の決定は、交流集会企画内容により、学術集会側で行います。
  • 2)機材等:交流集会会場には3人掛け机、椅子、ホワイトボード(1台)があり、これらを使用できます。それ以外の物品は、主催者側がご準備ください。また、会場の設営も主催者側で行ってください。終了後は会場の現状復帰にご協力願います。
  • 3)当日運営等:当日の運営や参加者募集は主催者に行っていただきます。

2.発表者の資格・注意事項

  • 主催者は学会会員であることとしますが、共同企画者・発表者はこの限りではありません。
  • 主催者が申し込み時点で学会会員でない場合は、6月末までに必ず学会入会申し込み手続きをしてください。
  • 交流集会申し込みが多数の場合は、申し込み企画の全体の構成から、テーマの多様性や独自性などを考慮して採択を決定します。

3.申込み方法

交流集会 申込み用紙をダウンロードし、2020年3月27日(金)必着で、学術集会事務局宛に、E-mail(E-mail:cans26-gakkai@umin.ac.jp)にてご提出ください。
その際、件名は【交流集会 申し込み】と記載してください。E-mailでの送付が困難な場合は、その旨を事務局までご連絡ください。

採択後の流れ

申し込み締め切り後、5月中旬までに採択の可否について連絡します。その後、企画概要をまとめた講演集原稿をご提出いただきます。交流集会講演集原稿様式を当WEBサイトからダウンロードし、2020年6月3日(水)必着で、学術集会事務局宛に、E-mail(E-mail:cans26-gakkai@umin.ac.jp)にてご提出ください。その際、件名は【交流集会 講演集原稿】と記載してください。
会場や当日準備についてのご案内を、7月末までにe-mailにてお送りいたします。

4.講演集原稿作成方法

1)お送りいただいたA4サイズの原稿が、そのまま印刷されます。

2)Microsoft Wordを用い、以下の形式に沿って作成してください。

  • ページ設定:45文字×40行、余白;上2.5cm、下.0cm、左右2.0cm、
  • フォント:MS明朝
  • タイトル:12point(中央寄せ・太字)、
  • 氏名・所属機関名:10.5point(右寄せ・太字)。所属機関名を氏名の後に(  )で入れてください。
  • 本文:10.5point(左寄せ)、図表は8point以上。文字数は630文字(14行)まで。章立などの形式は自由です。
  • タイトルと氏名、および氏名と本文の間は、1行空けてください。