お知らせ
2020.7.1
Web開催の詳細なプログラムを掲示しました。
2020.5.25
学会をWeb開催方式に変更することを決定しました
2020.4.28
学術集会は、感染防止対策をした上で対面での開催を予定していますが、状況によっては開催方法を変更する可能性があります。
2020.4.24
一般演題交流集会の募集を締め切りました
2020.3.27
一般演題募集期間延長しました!
4月24日(金)12時〆切
2020.2.17
プログラムスケジュールの変更を掲載しました!
2020.1.30
教育講演とシンポジウムの演者が決まりました。詳細はトップページ下のフライヤーをご確認ください。
2020.1.9
学術集会サイトをオープンしました。今回は、一般演題・交流集会の申込期限が3月27日(金)迄と例年より早いのでご注意ください。一般演題はポスター発表(座長付き・発表時間5分)のみです。詳細は上記の表示からご確認ください。
お問い合わせ先
第26回学術集会事務局
(千葉大学大学院看護学研究科内)
池崎 澄江
〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
E-mail:cans26-gakkai@umin.ac.jp

Web開催概要

 本学学術集会は、オンデマンド配信(9月4日~7日)とライブ配信(9月5日)を併用して開催いたします。詳細はプログラムをご確認ください。
事前参加登録のみとし、期限を8月11日(火)までに延長いたしました。
事前参加登録には、ゆうちょ銀行への参加費振込が必要です。
詳細は左上のタブ「参加のご案内」をご覧ください。

参加登録者には事前にWeb参加用のパスワード等をお送りするため、本ホームページの「参加のご案内」ページにて、メールアドレス等をご登録くださいますようお願いいたします。

Web開催への形式変更に関するご案内

 COVID-19 による感染拡大予防の観点から、千葉看護学会第26回学術集会は、対面開催を取りやめ、Web開催へ変更いたします。企画委員一同、皆様に満足いただける学術集会になるよう検討をしております。
なお、開催様式の変更に伴い事前登録のみとなります。参加に要する通信料等は、参加者各自でご負担にてお願いいたします。
変更の詳細は決まり次第ホームページにて公表していきますので、随時ご確認ください。

開催のごあいさつ

 千葉看護学会第26回学術集会を、2020年9月5日(土)に千葉大学亥鼻キャンパスで開催する運びとなりました。開催にあたり、ご挨拶を申し上げます。
 メインテーマは、「協働を通じて生み出す知-看護学の広がりと深まり-」です。超高齢社会の日本において、地域包括ケアシステム構築が推進されていますが、その目途とされる2025年が、目前に迫ってきました。地域包括ケアの実現には、自助・互助の地域の受け皿づくりと、病院等施設から地域への移行を円滑に進める多職種連携が不可欠です。専門職や市民との協働を積み重ね、手応えを感じている人は多いと思いますが、持続可能性を考えた時に、専門職や市民との協働を通じて生み出す知とはどのようなものか、それは看護学にどのような広がりと深まりを与えるか、多くの方々と意見交換したいと考え、本メインテーマを設定しました。
 本学術集会の参加者は、あらゆるライフステージの健康課題の解決に関わる看護職者、医療・福祉等の専門職者、市民、関係者、教育研究者です。Society5.0の時代、様々な知識や情報が共有され、いままでにない新たな価値を生み出すことで、社会の課題や困難を克服することが期待されています。協働を通じて生み出す知を看護学の発展へとつなげるために、多くの皆様と広く議論し、新たな価値を見出せることを期待しております。
 当日は、学術集会長講演、理事会企画教育講演、シンポジウム、ポスター発表、交流集会を予定しています。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

千葉看護学会第26回学術集会会長
石丸 美奈
(千葉大学大学院看護学研究科)