第17巻2号

学会誌 cans

発行日

2011年12月30日

原著

退院支援過程における退院調整看護師とソーシャルワーカーの判断プロセスの特徴

石橋 みゆき、吉田 千文、木暮 みどり、津野 祥子、丸谷 美紀、雨宮 有子、樋口 キエ子、諏訪部 高江、佐瀬 真粧美、葛西 好美

新人看護師を指導するプリセプターのロールモデル行動の解明

吉富 美佐江、舟島 なをみ

学童期の健康増進プログラムの開発と実施
-自己効力感に焦点を当てた生活習慣の介入-

劉 新彦

看護学生のための学習活動自己評価尺度-看護技術演習用-の開発

宮芝 智子、舟島 なをみ

3年次編入学生の学士課程入学時における看護学修得上の特徴を踏まえた教育内容の検討

斉藤 しのぶ、椿 祥子、和住 淑子

総説

わが国における乳幼児をもつ親世代の生活習慣の実態と乳幼児をもつ親世代を対象とした生活習慣病予防と生活習慣改善への支援についての文献検討

砂川 友美、宮﨑 美砂子

学術集会報告

[会長講演]より良い看護実践を支えるもの

岡田 忍

[教育講演]確かな看護技術の確立を支援する実証的研究の取り組み
-経験知を大切にしたエビデンスの創出(点滴漏出時のケア)-

武田 利明

シンポジウム報告

  • 実践現場からエビデンスを求めて(小川 俊子)
  • エビデンスを診療報酬につなぐ(江幡 智栄)
  • 実践者と研究者をつなぐ場を作る(酒井 郁子)
  • 臨床実践にむけたエビデンスの探究(本田 彰子、内田 明子)

口演・示説発表報告

分科会報告

カテゴリ:

  • 学会誌


最近の学会誌

バックナンバー

研究活動支援事業

リンク集

会員専用ページ

東日本大震災に対する本学会としての対応について

ATOMを購読