第13巻1号

学会誌 cans

発行日

2007年06月30日

原著

在宅終末期がん患者を介護している家族員の体験

柴田 純子、佐藤 禮子

要介護高齢者の排便ケアに対する家族介護者の順応の状況とその関連要因

辻村真由子

介護保険制度で対応困難な在宅療養者の問題構造 -行政保健師が関与した事例分析から-

長谷川喜代美

統合失調症をもつ人の地域生活におけるセルフマネジメントを支える看護援助の開発(第二報) -仮説モデルを用いた看護実践におけるセルフ マネジメントの課題-

石川かおり、岩﨑 弥生

病院における死:死化粧への二つの方向性から

川添 裕子

小児がんの子どもと家族に対する症状マネジメント看護援助モデルの構成概念と介入の枠組み

中村 美和、中村 伸枝、荒木 暁子

1型糖尿病をもつ子どものきょうだいの体験 -ファミリーキャンプにおけるきょうだいの話し合いの分析-

出野 慶子、中村 伸枝、金丸  友、遠藤 数江

先天性心疾患の乳幼児をもつ母親が感じる困難感と対処の変化

水野 芳子

地域づくりにおける保健師のマネジメント活動の特徴

両羽美穂子

乳幼児期の重症心身障害児の気管切開に関する家族の意思決定

市原 真穂、荒木 暁子、佐藤 奈保、今野 美紀、中村 伸枝

乳がん治療後のリンパ浮腫が患者にもたらす苦悩

増島 里子、佐藤 禮子

未成年の子供を持ち妻をがんで失う壮年期の夫の苦悩

近藤真紀子、佐藤 禮子

癌末期高齢者のターミナルケアにおける家族間調整に関する質的研究 -終末期の療養場所選択に焦点をあてて-

園田 芳美、石垣 和子

指導が必要と判断するときの指導者の認識に関する研究 -基礎看護実習における指導過程を分析対象として-

植田  彩

外国文献の中で言及されたヘルスケアにおける日本の文化的特徴

河井 伸子、菅谷 綾子、森野  愛、今泉 香里、柳井田恭子、坂井さゆり、谷本真理子、正木 治恵

総説

看護実践における身体性を考える

松浦 志野、石垣 和子、辻村真由子、植田  彩、岡本 有子、園田 芳美、望月 由紀、吉永 亜子、高橋久一郎

その他

千葉看護学会第13回学術集会のご案内

永井 優子

カテゴリ:

  • 学会誌


最近の学会誌

バックナンバー

研究活動支援事業

リンク集

会員専用ページ

東日本大震災に対する本学会としての対応について

ATOMを購読