第11巻2号

学会誌 cans

発行日

2005年12月30日

原著

我が国の看護学教育研究における倫理的問題
-1999年から2003年の抄録分析を通して-

塚本 友栄、舟島なをみ、野本百合子

住民の援助ニーズに応じた地域ケアシステム構築における行政保健師の看護実践知の創出 -研究成果のメタ統合

井出 成美、石川 麻衣、宮崎美砂子

保健師と住民との協働における看護活動方法の特徴
-住民との協働に関する文献検討を通して-

飯野 理恵

糖尿病患者のセルフケア能力の要素の抽出
-看護効果測定ツールの開発に向けて-

清水 安子、黒田久美子、内海 香子、正木 治恵

在宅療養者への地域資源適用における看護援助の構造

大澤真奈美

日常生活上の改善を要するが切迫感を抱きにくい対象者への対人援助技術
-国内文献にみられる知見の統合-

田所 良之、菅谷 綾子、榎元美紀代、清水 安子、正木 治恵

その他

看護学研究の発展を促すための論文査読システムの課題

吉本 照子

学術集会報告

会長挨拶 千葉看護学会第11回学術集会開催にあたって

佐藤ますみ

カテゴリ:

  • 学会誌


最近の学会誌

バックナンバー

研究活動支援事業

リンク集

会員専用ページ

東日本大震災に対する本学会としての対応について

ATOMを購読