学会設立の趣旨

千葉看護学会は、千葉大学大学院看護学研究科博士課程が開設されたことを機に、看護学の基盤をより豊かにかつ強固にしていく研究へと推進するための組織として、平成6年(1994)に設立されました。その後、現実の諸問題を解決するために実践的研究を一層充実させるとともに、会員相互の学術的研鑽を図り、看護学の発展に寄与する種々の学術活動を行ってきました。